アナタもこれで電気工事士に?仕事内容や待遇を大公開!

目指せ電気工事士!資格取得までのステップ

合格率はどのくらい?

就職・電飾に有利になるなら、さっそく取得したい。電気工事士の資格受験は年に2度あり、第二種は毎年10万人を超える方が受験しています。筆記・技能に分かれていて、それぞれ合格率は60~70%ほどと超難関とはいえません。

第一種に関しては毎年3万人とかなり人数が減ります。筆記は55%ほど、技能は60%と第二種に比べると難易度が高くなり合格率がガクンと減ります。

筆記に関しては計算問題もありますが電卓を使う様なものはありません。どちらかというと記号を覚える問題がほとんどです。ちなみに合格基準点は60点で50問中30問正解出来れば合格となります。時間は第二種については40分、第一種は60分としっかりと問題に取り組むだけの時間が確保されています。

独学で勉強できる?

資格取得する際に必要な勉強ですが、スクール(専門学校大学)・独学・通信教育・講習会の4つに分かれます。将来電気工事士になる場合はスクールでしっかりと学ぶのが良いです。

スクールであればボイラー技士など建設系に強い資格取得もサポートしているのが特徴です。講習会も人気が高く、技能をメインに受講できます。但し人気のある企業が展開している場合はかなり前から予約が必要です。通信講座は働きながら自宅で勉強出来る点、そして学校や講習会に比べてコストが低いのがメリットです。

独学でも電気工事士の資格取得は可能ですが、その場合はテキストをしっかりと吟味しなければなりません。また自宅学習が身についていない方はモチベーションを保つのに工夫が必要です。


TOPへ戻る