アナタもこれで電気工事士に?仕事内容や待遇を大公開!

電気工事士は求められている?

社会的な貢献が出来る資格?

ライフラインの構築は、人が生活を営む上でなくてはならないものです。確かに電気工事士は需要が高く、様々な面で活躍するので多忙・激務です。しかし社会貢献をしているとダイレクトに感じられるのもこの資格の特徴です。

ビル設備管理はビルの点検や修理をする仕事であり、電気工事士の資格があると重宝されます。

サービスエンジニアも機械の故障・修理やメンテナンスを行う業種なので、電気工事士の資格が必要です。サービスエンジニアは医療機器やセキュリティ関連など、専門性の高い機材を扱っているケースも多く深い知識も必要ですので、組み合わせるとより有利です。他にも施工管理など電気工事士は様々な業界から求められていて、長く働きやすいです。

どちらかというと職人気質?

このご時勢に職人気質というワードを使う事はほとんど無くなりました。しかし電気工事士は良い意味で職人気質の業種から好まれています。電気工事士は第二種・第一種に分かれていて後者が難易度は高いです。

特別な条件はありませんが、この資格取得する為には3年以上の実務経験が必要です。その為、電気工事士の見習いから始めて業務の流れを掴みながら勉強しなければなりません。始めの内は出来る事が少なく、ほとんど先輩の補助のみです。しかし第二種、第一種と資格取得すれば出来る事がどんどん広がります。

もちろん給与や手当てにも反映されるので自分の可能性を広げたいと考える方から支持されています。転職でも有利になりやすいのも電気工事士の強みです。


TOPへ戻る